心から偲ぶ

葬儀というのは、大きく3つの別れの意味があります。
ひとつめは、家族との別れ。ふたつめは社会的な別れ。そして最後は宗教的な別れです。これら全てに別れを告げるという意味合いが含まれているのです。

葬儀には様々な形式があります。故人の意向や規模、環境、地域性、予算など様々な条件によって選んでいくことになります。
様々な葬儀の種類がある中で、最近では家族葬が多くの人に選ばれています。
家族葬というのは、先ほど3つの別れを紹介した中でも「家族との別れ」に重点を置いているものです。家族との別れというのは、別れの中でも一番重要ですよね。今まで人生を共にしてきた家族に別れを告げる儀式なのです。

家族葬であれば、お葬式という形式に囚われること無く行うことが出来ます。また、故人とあまり親しくない関係者などに気を使う必要もありません。
参列者が少ないということで、葬儀にかかる金額も抑えることが出来ます。

葬儀の金額というのは一般的に200万円程度と言われています。しかし、家族葬であれば20~120万円程度で行うことが出来ます。
かなり金額に幅があると思いますが、葬儀社によって金額が違いますし、どのような内容の葬儀にするのか?ということでも金額が変わってきます。

故人にとってもっとも喜ばれるような葬儀を選ぶことが大切といえるでしょう。

LINK LIST